2018 国際イノベーションスコアカードとその

  • Featured Tech City
    メルボルンは、オーストラリアで最も多く、ICT関連の学位を取得する大学生を輩出しています。
  • Featured Tech City
    ウェリントンでは多くのアクセレレーターが、スタートアップ企業の活動を支援しています。
  • Featured Tech City
    モントリオールはカナダのAI(人工知能)の首都として賑わっています。
  • Featured Tech City
    チェコのユニコーン企業、Avastをはじめとして、プラハでは多くのスタートアップ企業が育っています。
  • Featured Tech City
    シンガポールで行われている実証実験では、自動運転車によるライドシェアサービスが提供されています。
  • Featured Tech City
    2015年から2016年にかけ、リスボンのVC投資額は6倍に急増しました。
  • Featured Tech City
    The Things Network社は、アムステルダム市内にIoTネットワークを張り巡らせることに成功しました。
  • Featured Tech City
    エネルギー問題を解決するスマートシティ技術をはじめ、ウィーンでは数多くのICT技術の実験が行われています。
  • Featured Tech City
    ヘルシンキの新興VCが活発なスタートアップ企業を多く輩出しています。
  • Featured Tech City
    マンチェスターでは、CityVerveプログラムによる多数のIoTプロジェクトが推進されています。
  • Featured Tech City
    イノベーションの中心地であるストックホルムは、スポティファイやスカイプ等、多くの有名企業を産み出しました。
  • Featured Tech City
    一時はさほど活動がみられなかったコペンハーゲンですが、現在では多くのスタートアップ企業が活動を開始しています。
  • Featured Tech City
    バイオテックが盛んなオースティンでは、200ものライフサイエンス関連企業が立ち上がりました。

概要

コンスーマーテクノロジーアソシエーション(CTA)は今年が初回となる国際イノベーションスコアカードにおいて、国の政策の中でもイノベーションを促す重大な分野を指摘し、自国の成長を阻害していたり世界的なイノベーションが最大の潜在力に達することを妨げている分野を明らかにします。

国際イノベーションスコアカードは38カ国の国々とEU(ヨーロッパ連合)を12の分類で評価します。全米50州を対象としてもう4年目となる米国でのイノベーションスコアカードと同様、国際イノベーションスコアカードは様々な重要な問題に関する各国の政策を測ります。各国政府がシェアリングエコノミー、自動運転車などの破壊的技術を歓迎しているか否か、どのような税制優遇措置がとられているか、どれだけ環境保護に力を入れているかという問いや、ブロードバンドの速度や価格といった問われ続ける重大な問題に関しても状況を把握することができます。

さらに私たちはアメリカ特有の視点から、米国を革新分野の世界的リーダーたらしめ、その指導的地位を維持し続ける上で必要不可欠と考える分野についても各国の政策を評価しました。それは、多様性、鍵となる年齢人口での男女の労働者バランス、国全体の人口における移民の割合、思想や表現の自由です。

もっと見る...